地域医療支援機構について

ご挨拶

知事写真(HP用).jpg

 熊本県の人口当たりの医師数は、全国10位を誇り、県民の健康で安心な暮らしを支える大きな原動力となっています。一方で、本県の医師の約6割が熊本市に集中しており、医師の地域偏在が大きな課題となっています。
 この背景には、地域で勤務する際の労働環境やキャリア形成に対する不安、医師の専門医志向の高まりなどがあると言われています。
 このため、平成25年12月に熊本大学と協力して設置した「熊本県地域医療支援機構」において、医師不足医療機関への医師派遣とともに、医師が地域に勤務しながらキャリアアップできるシステムづくりなどを行い、その結果、地域医療を担う医師の育成が進んできています。
 また、県では、これまでに約70人の医学部生に修学資金を貸与しており、その待望の第1期生が、平成32年度からへき地の医療機関に勤務する予定です。
 今後は、地域の実情を踏まえ、修学資金を貸与した医師の配置やキャリア形成の支援、女性医師をはじめとする医師の勤務環境改善に向けた取組みなどを通して、地域の医療提供体制を県全体で支える仕組みの構築に、より一層力を入れて参ります。
 この地域医療支援機構を中心として、県内医療機関、医師会、市町村などと連携しながら、熊本復旧・復興4カ年戦略に掲げる「安心で希望に満ちた暮らしの創造」の実現を目指して参りますので、皆様の御支援・御協力をお願いします。

熊本県知事
蒲島 郁夫

教授写真2.jpg 全国的に医療を俯瞰した場合、熊本市は、熊本大学医学部附属病院を含めて高度医療を提供できる病院群が集中しており、医療レベルと医師数の両面で恵まれた環境にあります。一方、熊本県内の他の二次医療圏に目を向けると、地域医療の現状では、人口過疎化と医師数確保の困難さがあいまって、従来の医療レベルを維持することが困難な状況が依然として続いております。熊本県地域医療支援機構では、熊本県全体の医療を「オールくまもと」体制で支える新たなネットワーク構築を目指したいと考えております。
 今後、優れた医療人を育成するため地域医療・総合診療実践学寄附講座と協力し、地域医療実践教育拠点など地域循環型勤務システムの整備、地域医療を志す医師のキャリア支援、病病連携・病診連携の新しいネットワークの確立、女性医師の就業継続・復職支援などに取り組んで参りますが、これらの取り組みには、多くの課題が残されております。

 是非、今後も、熊本県、医師会、市町村並びに地域医療関係者などの関係諸団体と連携を強化しつつ、望ましい熊本の地域医療を目指して努力してまいりたいと存じますので、ご支援とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

熊本県地域医療支援機構 理事長
熊本大学医学部附属病院長
谷原 秀信

ページの先頭へ