地域医療支援機構について

ご挨拶

kabashima
 熊本県の医療体制の充実度は全国でも有数と言われており、人口10万人当たりの医師数は全国10位です。しかしながら、地域や診療科によって医師の偏在が顕著で、熊本市を除く地域では依然として厳しい医師不足が続いています。
 医師の地域偏在については、医師の専門医志向、地域で勤務した場合のキャリア形成の遅れに対する不安などが背景にあると言われています。
 そのため、医師が地域医療に従事していても計画的に資格が取得できる体制や、熊本モデルと呼ばれるような地域と熊本市内の医療機関を循環する人事システムの構築などを目指して、熊本大学と協力して「熊本県地域医療支援機構」を設立しました。
 熊本県では、この機構を中心として、県内医療機関、医師会、市町村などと連携・協力しながら、幸せ実感くまもと4カ年戦略に掲げる「県内すべての地域で、病気になっても安心して暮らせるくまもと」の実現を目指して参ります。

熊本県知事
蒲島 郁夫

DSC_5018.jpg

 熊本県地域医療支援機構は、熊本県内における医師の地域偏在を解消するため、熊本県により平成25年12月に設置されました。
その後、当機構では、優れた医療人を育成するための地域循環型研修システムや地域医療に従事する医師のキャリア支援システムの構築に向けた検討を進めてきたところです。
 地域循環型研修システムに関しては、平成26年11月に「熊本大学医学部附属病院サテライト分室構想」を策定しました。
この構想は、平成27年4月「地域医療システム学寄附講座地域医療実践教育玉名拠点」として実現したところです。
今後、この地域医療実践教育拠点がモデルケースとなって、他の二次医療圏に広がるよう、人材の誘致・育成に努めていくこととしています。
 また、医師のキャリア支援システムについては、平成27年4月に熊本県医師就学資金貸与医師が3名誕生し、今後毎年10名弱の医師が誕生することもあり、これらの医師をはじめ地域医療を志す医師のキャリア形成支援に積極的に取り組んで行くこととしています。
 更に、医師・医学生等からの相談対応、女性医師への支援等、地域医療の充実のために取り組んで参りますので、地域の医療機関をはじめ皆様方のご支援ご協力を賜りますようよろしくお願いします。

             熊本県地域医療支援機構 理事長
             熊本大学医学部附属病院長

             水田 博志

ページの先頭へ