地域医療支援機構について

機構の概要

設置目的

本県では、県内における医師の地域偏在を解消するため、熊本県地域医療支援機構を設置しました。機構では県内における医師不足の状況等を把握・分析し、医師のキャリア形成支援と一体的に医師不足医療機関の医師確保の支援等を行います。

主な取り組み

  • 地域における医師不足の状況の把握と分析
  • 医師修学資金貸与医師、地域医療に従事する医師のキャリア形成支援
  • 地域と都市部の医療機関を循環して勤務できるシステムづくり
  • 医師に関する求人、求職等の情報の発信や医師、医学生等からの相談対応
  • 県内医療関係機関等との協力関係の構築

運営主体

 熊本県と熊本県から機構業務の一部を委託された熊本大学が協力して機構の運営を行っています。

沿革

 平成25年12月 熊本県庁内に熊本県地域医療支援機構を設置
 平成26年 4月 機構業務の一部を熊本大学医学部附属病院へ委託

ページの先頭へ