研修医・医学生・自治医大の皆様へ

甲斐 豊 阿蘇医療センター病院長

kai-yutaka-thumb-160xauto-16.jpg 地域医療を支えるためには、地域住民の方々や医師会の先生方から信頼と満足が得られる医療体制の充実が欠かせません。地域住民の生命を守るため、一般的な診療以外にも、専門医療・救急医療・災害医療・予防医療・医療連携の構築など多岐にわたる仕事が求められます。

 ここで、私が所属する阿蘇医療センター(平成26年8月に、阿蘇駅前に新築移転します)の取組についてご紹介いたします。専門医療は、脳卒中、循環器、糖尿病、小児科、癌化学療法など各施設で展開されている上級医師による診療に接することで、経験と実績を積み上げ、スキルアップが可能です。救急医療は、阿蘇医療センターで独自の取り組みを行っています。急性期脳梗塞の患者さんに対し、画像の遠隔診断にもとづく血栓溶解療法(t-PA治療)を展開しています。脳卒中専門医のいない施設でも、t-PA治療の適応があるかどうか、IT機器を用いて初療医と専門医との間で画像をやり取りし、適応があれば治療を開始しながら(drip)、専門医療機関に搬送(ship)する方法(drip&ship法)を実践しています。この方法で、今まで全くt-PA治療が行われなかった阿蘇医療圏で、2年間で7人の患者さんにt-PA治療を行い、再開通が得られています。今後は、循環器の急性期患者さんにも応用しようと計画しています。災害医療に関しては、院内でDMAT隊を結成し、いつでも災害時に出動できる体制を整えました。予防医療は、栄養士による糖尿病教室、小児科医によるアレルギー教室などを行っていますが、新病院開設後には、糖尿病専門医によるレベルアップした糖尿病教室、呼吸器専門医による睡眠時無呼吸外来や禁煙外来、健診部門の充実による予防医療の充実などを計画しています。医療連携は、地域完結型医療を推進するため地域医療連携システムを導入します。脳卒中、大腿骨頚部骨折、糖尿病、がん治療、認知症などの医療連携パスを導入し、地域中核病院と地域医師会との医療連携を充実していきます。

 このように、地域医療を担う病院で仕事をするということは、サッカーで例えるとディフェンス、オフェンス、キーパーなど役割分担しないオールラウンドプレーヤーとしての働きが求められます。そのために総合診療医の資格が取得できるような準備をしておかなければなりません。しかしながら、その環境の中でも、各個人が何らかの専門医療を目指して研鑽していくことで、最先端の医療も提供できるような取り組みも必要です。

 地域医療を支えるためには、やるべき仕事は非常に多く、大変な努力が必要です。地域の公的病院として、信頼され責任のある医療を提供することで、地域住民の方々から育ててもらえるという、非常にやりがいのある仕事が地域医療です。皆さんへの期待は、非常に高いものがあると思います。一緒にがんばっていきましょう。

平賀 円 2015年度 熊本大学卒業 

  私は熊本大学医学部地域枠として入学した1人です。入学する年に設立されたばかりの制度であるため、わからないことだらけでした。低学年の頃は「地域医療」というイメージはなかなか掴めませんでしたが、毎年夏休みに自治医科大学の学生らと地域実習に足を運んだり、上級生になり色々な病院で臨床実習をしたりすると徐々にそのイメージが掴めてきました。実際には「どこからが地域」という線引きはなく、「そこ」にある医療資源で完結できるかどうかが重要なのだと思います。そこで適切なマネジメントをするのが地域医療をになう医師の役割だと考えます。

 私は2017年に熊本大学を卒業し、4月からは人吉医療センターという約250床の病院で2年間の初期臨床研修を行いました。熊本市内の病院ではなく人吉を選んだのは、将来地域医療に携わるという意識があったためです。人吉医療センターは熊本・宮崎・鹿児島の県境に位置し、高齢化率は34(2015)と高く、日本の最前線の高齢者医療にどっぷりと浸かった研修医時代でした。2次救急医療圏の病院であり、初当直の夜は救急車のサイレンが耳から離れなかったのもいい思い出です。また、同期の研修医も多く暮らしやすい土地なので、後輩の皆さんにもオススメの研修病院だと思います。

 研修修了後は総合診療科として新たなスタートを切りました。どの科に進もうか迷ったところもありましたが、私が憧れた「お医者さん」という姿に最も近いのが総合診療科であったというのが一番の理由です。後輩の皆さんも悩んだときには初心に返ることをおすすめします。

 医師としての人生も始まったばかりで、力不足を感じる部分もまだまだありますが、へこたれず楽しく貪欲に学んでいきたいです。

 

中瀬 卓 2014年度 熊本大学卒業

 みなさん、こんにちは。地域医療機能推進機構 熊本総合病院 脳神経内科の中瀬卓です。私は、大阪府豊中市の出身で大阪府立北野高等学校を卒業し、2009年に熊本大学医学部医学科に推薦入試で合格しました。当時は、地域枠の推薦入試はありませんでした。大阪府出身ではありますが、地域での患者さんの人生に寄り添った医療に興味がありましたので、入学後に熊本県医師修学資金の貸与を受けることを希望しました。修学資金の制度が始まったのは2009年度からですので、貸与を受けた第1期生ということになります。

 その後は、2015年に熊本大学を卒業し、熊本大学医学部附属病院、熊本総合病院のたすき掛けのプログラムにて初期臨床研修を行いました。2017年に熊本大学医学部附属病院脳神経内科に入局し、同院で1年間の後期研修を行った後に、2018年度より当院で勤務しています。熊本総合病院は、内科系、外科系ともに診療科がそろっており八代地域の医療を担う総合病院として、幅広い分野の症例に対応しています。また、脳神経内科領域では、急性期脳梗塞に対してrt-PA静注療法を施行しており、血管内治療の適応がある症例に関しては熊本市内の病院と連携し、ヘリ等で搬送の上、血管内治療を施行しています。このように将来、専門として希望する診療科について、十分な経験を積むことができる環境で勤務を行うことができています。

 都市部から離れた地域での医療というと総合診療科をイメージされる方も多いと思います。私も医学部の入学前には、内科・外科を含めてあらゆる分野に対応することができる医師が必要とされているというイメージを持っていました。しかしながら、学生時代に夏季地域医療実習(熊本県医師修学資金の貸与を受けている熊大生、および熊本県出身の自治医大生を主な対象として、毎年、夏に熊本県内の各地で行われている実習)に参加させて頂き、フィールドワークにて地域住民の方々の意見を伺うと、プライマリケアを扱う総合診療医に加えて、内科または外科の専門領域を持ち総合診療ができる医師も必要とされていることを強く感じました。地域の病院を対象にして行われた望まれる医師像のアンケート結果でも、同様の傾向がみられました。そのため、私は学生時代から興味のあった脳神経内科に入局し、脳神経内科をスペシャリティーとした内科全般を診ることができる医師を目標とし、日々の診療に従事しています。

 熊本県医師修学資金の貸与を希望される熊大生、推薦入試(地域枠)の受験を検討している受験生の中には、貸与を受けていない一般的な卒業生と比較し、卒業後の進路に関してどのような違いがあるのか不安に感じている方も多いと思います。修学資金の返済が免除されるためには、初期臨床研修、1年間の後期研修に加えて、熊本県医師修学資金貸与医師の勤務等に関する要綱で定められた第1~第3グループの病院で、各グループにおいて2年間の勤務を行う必要があります。熊本総合病院は第1グループに含まれており、現在も義務年限を消化しながら勤務を行うことができています。修学資金の貸与を受けていた医師は、基本的には入局先の医局、県、本人の間で勤務先の調整を行うこととなっています。私の場合は、脳神経内科医局、熊本県の方々に配慮して頂き、将来的に脳神経内科専門医の取得ができるような勤務先の調整を行っていただいております。今後、様々な科に入局を希望される方が出てくると思われます。熊本県医師修学資金の制度には、診療科についての制限はありません。グループの中に、各々の診療科の関連病院が含まれていないことも考えられます。可能な限り早期に専門医資格の取得ができるよう、熊本県の方々と意見交換をしていきながら、より良い制度作りに関わることができればよいと考えています。熊本県の地域医療に貢献できるように努力していきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

  • 1
ページの先頭へ