お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • 平成28年4月1日 熊本大学医学部附属病院の地域医療システム学寄附講座が地域医療・総合診療実践学寄附...

平成28年4月1日 熊本大学医学部附属病院の地域医療システム学寄附講座が地域医療・総合診療実践学寄附講座へ替わりました。

 平成21年1月に熊本県によって熊本大学医学部附属病院に設置された「地域医療システム学寄附講座」は、これまで、効果的な医師循環システムの検討、地域医療実践教育拠点の設置、医師不足医療機関への医師派遣、医学生への地域医療研修などの大きな成果を挙げ、平成28年3月31日をもって終了いたしました。

 これを受けて、平成28年4月1日に、総合診療医の育成、地域医療実践教育拠点の運営、医学生や若手医師への卒前からの一貫した地域医療教育など、より実践的な取り組みを進めるため、新たに「地域医療・総合診療実践学寄附講座」が誕生いたしました。
 今後は、熊本県地域医療支援機構とより連携を密にし、地域医療の推進に努めることになります。
詳細は次のとおりです。

【地域医療・総合診療実践学寄附講座の設置について】
〇 超高齢社会において増加・多様化する地域の医療ニーズに対応するうえで、熊本県内の地域医療に従事しようとする医師を確保し育てていく必要がある。
〇 卒業後、県内において地域医療に従事することとなる修学資金貸与学生が希望するそれぞれのキャリアパスに応じ、将来の地域における勤務を見据えたうえで卒前からの教育を行う必要がある。
〇 当該講座が中心となって県内医療機関に設置する地域医療実践教育拠点と連携して、総合診療(専門)医等の総合的な診療能力を有する医師の育成に向けて継続的かつ実践的な教育体制の充実を図る必要がある。
〇 修学資金貸与医師の配置先となる医療機関において充実した研修がおこなえるよう、その医療機関を支援する必要がある。
〇 地域医療や総合診療に関する様々な問題を調査・研究することにより、地域医療に関する教育や診療の質の向上等に資する。

2 目 的
〇 地域医療に関する卒前からの継続的な教育、総合診療(専門)医の育成、地域の医療機関における診療支援、並びにこれらに関連する研究を行うこと。

3 講座に期待する具体的な活動及び研究の内容
〇 卒前からの継続的な教育を通じた地域医療マインドの涵養
〇 総合診療(専門)医育成システムの構築と地域医療実践教育拠点の運営
〇 地域の医療機関における診療支援
〇 地域医療及び総合診療に関する研究

4 スタッフ
   特任教授 松井邦彦
   特任助教 髙栁 宏史 
   特任助教 前田 幸佑

 (玉名教育拠点)
   特任准教授 田宮 貞宏
   特任助教 小山 耕太

5 事務局
  住所:〒860-8556 熊本市中央区本荘1-1-1
  電話:096-373-5794  FAX:096-373-5796
  熊本大学医学部附属病院地域医療支援センター内

前のページに戻る
ページの先頭へ