総合診療専門医制度について

総合診療専門医については、厚生労働省の「専門医のあり方に関する検討会」が平成25年4月22日に発表した最終報告書で、19番目の基本領域の専門医として位置づけられました。
また、平成26年7月に、専門医の認定・更新、専門医研修プログラムの審査・認定などを行う(一般社団法人)日本専門医機構が設立されました。

報告書では総合診療専門医の専門性について「領域別専門医が「深さ」が特徴であるのに対し、「扱う問題の広さと多様性」が特徴であり、専門医の一つとして基本領域に加えるべきである」とされ、また総合診療医は、「地域を見る医師」として地域医療への貢献に対する期待も大きいとされています。

総合診療専門医制度は、日本専門医機構で作成された研修プログラム整備基準、モデルプログラムに沿ってプログラム統括管理者が作成した研修プログラムの申請が日本専門医機構になされ、その研修プログラムの認定を経て、専攻医の募集ののち、平成30年度から開始されました。

熊本県内の総合診療専門研修プログラムは、6つのプログラムが認定されています。各プログラムについては、以下のホームページをご覧ください。

熊本大学病院 済生会熊本病院
熊本赤十字病院 熊本医療センター
くわみず病院 人吉医療センター

詳細は下記をご参照ください。

厚生労働省ホームページ
日本専門医機構ホームページ 

ページの先頭へ